DMX CF RECORDER LT
操作部分を省略した廉価版

CF RECODER IVの性能・機能そのままに、操作部分を省略した廉価版です。
 パワーオンスタートや接点、RS-232C、DMXによるプログラム呼び出しが可能です。
●操作、設定はすべてRS-232Cで接続されたパソコンから行います。
 レコーディングや設定が終われば、パソコンを外してリモートで再生できます。
 また、CF RECODER IVとつないでスレーブ機として設定すれば、チャンネル増設のコストが抑えられます。

プログラム呼び出し
CF RECORDER LT の実行方法は
 1) 電源投入時に指定したプログラムを実行
 2) 外部接点によるプログラム呼び出し(任意の8プログラム)
 3) RS-232Cによるプログラム呼び出し(64プログラム)
 4) 入力DMXが切れたときに実行するバックアップモード
 5) DMXによるプログラム呼び出し(新機能)

また本機の最大の特徴でもあるクロスフェード機能により、プログラムの切り替え時やループ再生時にカットチェンジだけでなくクロスフェードして切り替えることもできます。

記憶部分にはコンパクトフラッシュを採用
標準で搭載されている1GBのコンパクトフラッシュで
 SPモード(DMX40回/秒記憶)で約13時間50分
 LPモード(DMX20回/秒記憶)で約27時間40分


 電源: AC100V~240V 30W
サイズ: 480mm (19'') x122mm x 44mm (1U) 重量: 1.5Kg


Windows パソコンでの操作画面
パソコンからは、CF RECORDER実機と同様な画面で操作できます。