DMXSW-HI
DMX512→リレー出力変換

特徴
■DMXアドレスを16出力ごとに個別設定できます。

■ラッチモードを出力ごとに設定できます。
設定したレベルの時のみONまたはOFFでき、それ以外のレベルでは動作しません。

■ONまたはOFFになるレベルを出力ごとに個別設定できます。

■Delayを出力ごとに個別設定できます。
設定したレベルが一定時間以上続かないと動作しません(誤操作防止等)。
 例:Delay=2秒に設定すると2秒以上そのレベルが保持された時に動作します。

■ワンショット動作(0.5秒)が個別に設定できます。

■出力の接点状態を出力ごとに反転できます(N.O接点動作)。
ONになるとリレー接点がOFFになります。
(ただし電気的に反転しているので、本機の電源が切れた場合は接点がOFFになります)

■DMXが切れたときの動作状態が設定できます。
・すべてOFF
・切れた時の状態を保持
・あらかじめ設定された個々のON/OFF状態(シーン設定)に切り替え

■すべての設定は本体のみでできますが、USB経由で Windows パソコンからも設定内容の編集・保存が行えます。