PS08M
8シーンフェーダ付デジタルパッチシステム

8シーンフェーダを備えたデジタルパッチシステム
<もしもの場合のバックアップ> <客電調光卓> <小さなライティングシステム> 用途は無限 !!

使い方はとっても簡単!
シーンの作成はDMX入力にコンソールをつないでの取り込み、またはUSBでWindowsパソコンを接続し、専用ソフトウェアで作成、どちらでも迅速に設定できます。
取り込んだシーンデータはパソコン上で編集、保存も可能です。

パッチの設定はWindowsパソコンの専用ソフトウェアから行います。

パッチ画面 (出力→入力)

パッチ画面 (入力→出力)

シーン編集画面

パッチ機能
DMX入出力は1系統512ch。
パッチの設定はフェーダ側から、ディマー側からのどちらも可能です。
書き込まれた設定内容は電源を切っても保持され、パソコンを接続しなくても本機のみのスタンドアローンで動作します。

シーンフェーダ機能
シーンフェーダは8本。
DMX入力にお手持ちのコンソールを接続しシーンを組んで、RECボタンとフラッシュボタンを同時に押すと、はい完了!
パソコンで組む場合は、専用ソフトウェアでシーンの表にゲージを数値入力するだけ。とても簡単です。

Top