少し専門的な話に入っていきましょう。なるべく易しく解るように書いていきますが。

DMXはどんな信号なんでしょうか。
通信プロトコル(手順とでも言いましょうか)はDMXの仕様書に書かれています。
以下のように規定されています。

ボーレート250kbps(250キロ、ビットパーセコンドと言います)
スタートビット1ビット (LOW)
ストップビット2ビット (HIGH)

どういう意味か一つずつ説明しましょう。
ボーレートとは1秒間にいくつの1(HIGHレベル)や0(LOWレベル)のデジタル信号を送るかということです。
たとえば9600bpsでは9600個です。DMXは250kbpsですから250000個ですね。
逆に言うと1個のデータの時間は1/250000秒つまり4μsecとなります。
スタートビット、ストップビットとは、データの最初と最後に始まりと終わりの合図として付加されています。
DMXではスタートビットが1ビットでLOWレベル(0 or OFF)の信号。
ストップビットは2ビットでHIGHレベル(1 or ON)信号です。
ビットというのは、ONやOFFのデータ1個で1ビットです。
DMXのレベルデータは8個のON・OFFで表されますから8ビットと言います。
似た単位にバイトというものがありますが、これは8ビットが1バイトです。
ちなみにDMXの1ch分のデータはこの8ビットにスタート、ストップビットを足した11ビットということになります。
では実際のDMX信号のデータをみてみましょう。

こんな風になっています。
最初にあるBreakは他の信号に比べて長いようですが、これは88μSec以上の長さがありDMX信号の中ではこんなに長いLOWレベルはここだけです。
受信側は、この信号が来ると「頭に戻るんだな」と判るようになっています。
さて、これでは細かいところが判らないので、さらに拡大してみてみましょう。

信号の構成はこんな風になっています。

番号名称長さ
1Break88μSec以上、1秒以下
2Mark After Break 8μSec以上、1秒以下
3Start Bit 4μSec
4Data 4μSec×8bit
5Stop Bit 4μSec×2bit
6Frame Time44μSec
7Time Between Frame0秒以上、1秒以下

では、ひとつずつ説明しましょう。

1.Brake Time
先ほど説明したように、データの先頭を見つけるための信号です。
88μSec(100万分の88秒)以上、1秒以下です。
こんなに長さに幅があるので、相性問題の原因のひとつです。

2.Mark After Break
Brakeと次のStart Bitが両方ともLOWレベルの信号なので区別するために間にHIGHレベルの信号を入れます。8μSec以上、1秒以下の信号です。
これも長さに幅があるので相性問題の原因のひとつです。

6.Frame Time
Start Bit、レベルData、Stop Bitを合わせた11bitです。

7.Time Between Frame
chごとのFrame Time間にある休憩時間です。0秒以上、1秒以下です。
そして、これも長さに幅があるので相性問題の原因のひとつです。

これらの長さがちゃんと決めてあれば、こんなに相性なんて問題起こらなかったんですがねえ。
説明し忘れましたがBrakeとch1のDataの間にあるStart Codeというのは、番号を最初に送って調光ユニット以外にDMXを使うときに使用するものです。 つまり、0の時はその後に続く最大512chのデータはDIMMER用、たとえば1の時は別のものの制御信号というように、一本の線でいろんなものを分けて制御するためにのものです。
しかしながら、知る限りでは、0以外のStart Codoを送って制御するものは知りません。通常は0に固定です。

BREAKSTART CODECH 1 =0

右のフェーダを動かしてみてください →

前に戻る先頭へ次へ進む